『記憶のかけら』  時・イメージ・言葉

とびこんでみようか


見上げているのか
見下ろしているのか
わからなくなる

思い
切って
とびこんでみようか

深い
深い
底に向かって

高い
高い
天を目指して


そぉっと



ひび
のはいった
ぼく

じぃっと
していないと

忽ち
砕けてしまう

だから
そぉっとそぉっと息をする


過ぎる日


夜明け
押しつぶされそうな
希望

昼下がり
湧き立つ
焦燥

黄昏
輝く
怖さ

日暮れ
甘苦い
後悔

日の終わり
息苦しい
微睡み

こうして
日が
過ぎていく

それでも
日は
過ぎていく


素敵なことね


わたしが
逝くとき

あなたは

わたしより
もっと淋しいかもしれない

あなたが
逝くとき

わたしは

あなたより
ずっと悲しいかもしれない

それは
きっと

素敵なことね

たぶん
とっても

素敵なことね


また出逢う


誰かの
悲しみに

出逢う
度に

あなたの
悲しみと

また
出逢う

わたしの
喜びに

出逢う
度に

あなたの
悲しみを

また
思い出す